株式会社 中瀬グループは自動車に関する総合企業です。

 

四輪アライメント

車のそれぞれのホイール(車軸)には、サスペンションによって、さまざまな方向に大小の角度がつけられています。
これらの角度を適正な状態にそろえる事をホイールアライメントといいます。
トー(トーイン)・キャンバー・キャスターなどがそれです。

また、アライメントの角度は、車両を使用するにあたって何らかの不具合が生じた場合に、その不具合を解消する、または低減することを目的として開発されています。

1952年にアメリカのFMC社が世界ではじめてアライメントテスターを、世の中に送り出したことから、世界では古くからアライメント作業は一般的に行われています。
そして、現在の日本でも自動車を正常に走行させるために、アライメント作業が一般的に行われています。
車は4つの車輪が適正な位置で的確に動作して、初めて本来の性能を発揮することが出来ます。

そこで、四輪トータルのホイールアライメントの測定が必要になってくるわけです。

四輪アライメントの目的

走行安定性の向上(直進性、コーナリング性能、コーナリング後の復元性)
タイヤ肩減りなど変磨耗の抑制とタイヤ寿命のロングライフ化

こんな時は4輪アライメントが必要です!

タイヤのインチアップ・ローダウン・車高調等の足廻り部品を変更するとアライメント必要か

ダンパーやスプリング、また車高調KITやサシペンションを交換する場合 トー、キャンバー、キャスターの角度は全く変わってしまいタイヤが正しく接地できず、タイヤの変磨耗、肩減りしやすくなり、四輪アライメント調整をしないで走行すると、 車がまっすぐ走らない、ハンドルのセンターがずれる、左右でハンドルの切れ角が違う、ブレーキング時やわだ地にてハンドルが取られる等の症状が顕著に出てしまうからです。